スタッフブログ

【交通事故治療】診断書について

【交通事故治療Q&A⑧】診断書をもらう際の注意点

本日も八潮市・三郷市・足立区の交通事故治療に特化したひまわり中央整骨院のホームページをご覧になっていただきまして、本当にありがとございます!

今回は、患者様が交通事故に遭われてしまい、病院や整形外科を受診される場合に注意していただきたい事についてお伝えいたします。

交通事故に遭われ基本的には、

①警察に連絡 【事故証明の発行】

②保険会社へ連絡

③病院や整形外科を受診 【診断書の発行】

が基本的な流れとなりますが、ここで注意していただきたいのが

まず、警察を呼び【事故証明書】を発行してもらわないと交通事故が起こったことが証明できなくなってしまいますので、交通事故事態が立証できなくなってしまいますので、交通事故に遭われてしまった際には、小さな交通事故でも必ず【事故証明書】を発行してもらってください。

次に、注意していただきたいことが、病院や整形外科を受診した際に【診断書】を発行していただくのですが、この場合にしっかりと痛い部分をお医者さんにお伝えし【診断書】書いてもらうことが大切です。交通事故の治療後に稀に後遺症として残ってしまった場合に、しっかりとした保証が受けられなくなってしまいますので、患者様ご自身も【診断書】を受け取る際やお医者さんとお話しする際には、しっかりと痛い部分を伝えることが大切です。また、事故後2週間以上経過して病院や整形外科を受診しても交通事故との因果関係が立証できませんので、交通事故に遭われましたらなるべく早く受診してください。

【診断書】をもらう時の注意点

☑2週間以内に病院や整形外科、クリニックを受診する。

☑痛いところを細かく正確にお医者さんに伝える。(首なら首、肩なら肩、背中なら背中、腰なら腰と伝えましょう)

☑診断書を受け取る際に、患者様ご自身でも記載内容を確認

あとから痛くなったり、数日して痛くなったなど様々なことがあると思いますが、これらはセカンドオピニオンも可能ですので、慌てずに八潮市・三郷市・足立区のひまわり中央整骨院までお気軽にご相談ください!当院が提携しております安心していただける整形外科をご紹介させていただきます。

交通事故に関することや診断書についてのこと、その他交通事故治療に関わることについては、八潮市・三郷市・足立区の交通事故治療に特化したひまわり中央整骨院までお気軽にご相談ください!

026048

 

交通事故治療関連記事

交通事故・むちうち

【交通事故治療】交通事故治療 転院

【交通事故治療】交通事故治療の治療期間・交通事故治療の通院期間

【交通事故治療】交通事故の補償

【交通事故治療】交通事故治療における保険会社とのトラブル

【交通事故治療】交通事故 慰謝料

【交通事故治療】病院と整骨院を併用して通院していいの?

【交通事故治療】病院や整形外科、他の接骨院や整骨院から転院について

【交通事故治療】八潮市・三郷市・足立区の交通事故治療に特化したひまわり中央整骨院の施術方法について

 

--------------------------------------------------------------------------

交通事故治療・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛治療の専門院
全国交通事故治療認定院 第1540号
ひまわり中央整骨院
〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬4丁目1-1
ドラックぱぱす・オリジン弁当共有地【無料大型駐車場50台完備】
つくばエクスプレス線 八潮駅南口より徒歩3分
℡:048-954-6789【予約制】

--------------------------------------------------------------------------

ひまわり中央整骨院の公式ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院の交通事故専用ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院のフェイスブックページはこちらより

ひまわり中央整骨院のアメブロはこちらより

ひまわり中央整骨院のエキテンサイトはこちらより

エキテンサイトへの口コミはこちらより
こちらへ空メールを送りエキテンに口コミが書けます♪
当院へご来院頂き、エキテンの口コミを書いて頂くと、
Amazonのギフト券1000円分とひまわり中央整骨院から500円のクオカードプレゼント♪

書き方やクオカードのもらい方など詳しくは、こちらより

--------------------------------------------------------------------------

投稿日:2016/09/17

記事一覧

八潮市|ひまわり中央整骨院 ご予約・お問合せ

048-954-6789 予約優先制

トップに戻る