スタッフブログ

坐骨神経痛の恐さ

坐骨神経痛の事なら、八潮市にありますひまわり中央整骨院へご相談ください!

坐骨神経痛という言葉は皆様ご存知でしょうか?

original_20160119174643_image1_84

人間の神経の中でも一番大きいものが坐骨神経と言われています。

その坐骨神経に何らかの原因で、触れてしまったり、何らかの原因で神経を圧迫してしまい坐骨神経領域に痛みやシビレが出る事を坐骨神経痛と言います。

痛みやシビレがあると病院や整形外科を受診する方がほとんどだと思いますが、多くの方は病院や整形外科でレントゲンを撮られても異常は見つからず、湿布やお薬を出してもらいなかなか症状が回復せずに悩まれている方がほとんどではないでしょうか?

 

レントゲンで異常が出ないのには理由があります。それはレントゲンは骨の異常しか映さないからなのです。骨折や脱臼などははっきりとした異常が見つかるのですが、神経や軟骨などはレントゲン上には異常は見えないのです。ですので坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの症状では異常が見つかるケースは稀にしかないのです。

 

病院や整形外科で異常が見つからない以上、お医者さんもお薬や湿布のみしか出せない理由がこれなのです。

決してお医者さんが悪いわけではありませんし、決して病院や整形外科が悪いわけではないのです。

 

現代の医学では、神経を画像上で写そうとしても非常に難しいのです。

MRIやCTスキャンなどを使用しても椎間板ヘルニアの異常がいいところで、坐骨神経のどの部分が症状を出しているのかまでは分からないのです。

 

ここで大切なことは、

坐骨神経痛でも椎間板ヘルニアでもしっかりと画像上だけではなく徒手検査(患者さんの体を動かしてする検査)が必要になります。画像上だけの限界があるように、徒手検査でもしっかりとしたどこの部分に異常があるのかを調べる必要があります。

 

坐骨神経痛の症状は、放置していても良くはなりません。むしろその痛みに対して体が防御反応を起こしてさらに筋肉が固くなったり関節が固くなったりします。坐骨神経痛の恐ろしさはここにあります。

 

こんな事にお困りになっていませんか?

☑病院や整形外科で坐骨神経痛と言われ治療をしているがなかなか良くならない。

☑腰から足にかけて痛みやシビレがなかなかとれない。

☑お尻あたりに痛みやしびれが続いている。

☑腰痛になった経験がある。

☑椅子やソファーから立ち上がる時に足の指にかけてシビレや痛みが走る。

☑長時間座る仕事をしている。

☑家族に坐骨神経痛になった人がいて、最近自分もシビレを感じている。

☑治療院を3件以上渡り歩いたが、坐骨神経痛の症状がなかなか良くならない。

☑電気治療だけやマッサージのみの治療内容に坐骨神経痛が治るか不安を感じている。

☑坐骨神経痛のような症状だがどこに行ったら治してくれるのか分からない。

☑歩くときにびりびりとしびれを感じる。

以上の内容に心あたりがありましたら、八潮市のひまわり中央整骨院までお気軽にご相談ください!

--------------------------------------------------------------------------

交通事故治療・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛治療の専門院
全国交通事故治療認定院 第1540号
ひまわり中央整骨院
〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬4丁目1-1
ドラックぱぱす・オリジン弁当共有地【無料大型駐車場50台完備】
つくばエクスプレス線 八潮駅南口より徒歩3分
℡:048-954-6789【予約制】

--------------------------------------------------------------------------

ひまわり中央整骨院の公式ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院の交通事故専用ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院のフェイスブックページはこちらより

ひまわり中央整骨院のアメブロはこちらより

ひまわり中央整骨院のエキテンサイトはこちらより

エキテンサイトへの口コミはこちらより
こちらへ空メールを送りエキテンに口コミが書けます♪
当院へご来院頂き、エキテンの口コミを書いて頂くと、
Amazonのギフト券1000円分とひまわり中央整骨院から500円のクオカードプレゼント♪

書き方やクオカードのもらい方など詳しくは、こちらより

--------------------------------------------------------------------------

投稿日:2017/01/18

記事一覧

八潮市|ひまわり中央整骨院 ご予約・お問合せ

048-954-6789 予約優先制

トップに戻る