スタッフブログ

脊柱管狭窄症なんて怖くない!三郷市・ひまわり中央整体院

脊柱管狭窄症による、あなたの痺れや痛みは解消できる!

 

 

三郷市・整体院

 

 

 

 

おはようございます!

 

 

本日も早朝より

坐骨神経痛の原因である脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア、

腰痛治療や交通事故治療、産後の骨盤矯正の施術や治療などで、

 

 

埼玉県三郷市はもちろんのこと、

三郷市近隣からも多くの患者様が来院されます

 

 

ひまわり中央整体院のブログをご覧になっていただきまして、

本当にありがとうございます!

 

 

 

 

 

脊柱管狭窄症を知る

 

 

腰から足にかけて痛い、痺れる。

歩くと痛みや痺れのために長時間歩くことができない。

 

こんな症状がある人は、

脊柱管狭窄症という病気を発症しているかもしれません。

 

 

 

骨や軟骨、靭帯などが年を重ねていくうちに老化をし、

神経の通り道である脊柱管を狭めて起こるのがこの病気です。

 

 

つまり、

加齢によって誰もがなってしまう可能性があるのが、

この脊柱管狭窄症なのです。

 

 

歳をとったんだから仕方ないと痛みや痺れを我慢していませんか?

近くの整形外科で処方された薬を飲んでの効果がないと諦めていませんか?

 

 

実は、

加齢によってなってしまう脊柱管狭窄症の症状でも

しっかりとした知識とセルフケアや治療で改善することは可能なのです!

 

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

 

 

脊柱管狭窄症・三郷市

 

 

 

 

 

脊柱管狭窄症を症状を知ろう

これから下記に脊柱管狭窄症に当てはまる5つの項目を挙げます。

これら5つの中から2つ以上当てはまったら脊柱管狭窄症の可能性が非常に高くなります。

 

 

☑️ 歩き続けたり、立ち続けると痛みや痺れが出るが、前かがみになると楽になる。

 

☑️ 長時間立っていると、太ももからふくらはぎ、すねにかけて、痛みや痺れが出てくる。

 

☑️ 足の裏に何かが貼りついたような違和感がある。

 

☑️ 痛みや痺れは、歩き続けると強くなるが、立ち止まったりイスに座って休むと楽になる。

 

☑️ 横になって寝ていても痛みや痺れが出て辛い。

 

 

 

これらに当てはまることはありませんでしょうか?

脊柱管狭窄症の症状はこれだけではありませんが、

代表例として挙げさせていただきました。

 

 

これらの症状でお悩みの際には、

三郷市のひまわり中央整体院までお問い合わせください!

 

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

 

 

脊柱管狭窄症は生活習慣病です。

 

生活習慣病と聞くと、

高血圧・糖尿病・脂質異常症と考えられる方も多いのではないでしょうか?

 

 

しかし、

生活習慣病の中には含まれてはいませんが普段の生活が原因で、

病気に悩まされるものが、

 

腰部脊柱管狭窄症です。

 

 

 

脊柱管狭窄症になる方は、

若い頃からずっと姿勢が悪いということが非常に多いです。

 

 

脊柱管狭窄症は、

年齢を重ねれば誰もが発症する可能性がありますが、

それでも発症する人、しない人がいます。

 

 

その違いは、日頃の生活の姿勢にあります。

 

脊柱管狭窄症は、

その人の日々の暮らしによって生じた生活習慣病なのです。

 

 

 

脊柱管狭窄症の人は、

特に座る姿勢が良くありません。

座っているときは正しい姿勢であっても、

立っているときより椎間板へかかる圧力は1.4倍も高くなります。

 

 

つまり、

座り姿勢、特に猫背や前かがみの悪い座り姿勢は、

背骨の腰の部分にあたる腰椎にかかる負担を増加させ、

その結果腰椎の老化を促進し、脊柱管を狭める結果になるのです。

 

 

しかし、

脊柱管狭窄症を発症してしまった人が急に良い姿勢をとると

かえって脊柱管を狭めて腰や足の痛みや痺れなどの症状が

増えてしまう恐れがあります。

 

 

そこで、

まず治療や施術で脊柱管を広げ、

傷ついた神経を回復させて良い姿勢を目指すのが、

脊柱管狭窄症の症状を改善させるためには必要なのです。

 

 

 

 

三郷市・整骨院・整体院

 

 

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

 

 

脊柱管狭窄症は誰がなりやすいのか?

 

上記にも記載させていただきましたが、

脊柱管狭窄症は、歳を重ねれば誰もが発症する可能性があります。

 

それは、

脊柱管を狭める原因が骨や軟骨、靭帯などの加齢による形状の変化、

つまり老化によるところが大きいからです。

 

 

 

日本における脊柱管狭窄症の有病者数は365万人と言われております。

70歳代、60歳代、50歳代と年齢を重ねるたびに有病者数も増えていることがデータ上分かっているのです。

 

また、

年齢を重ねるごとに男性よりも女性の方が有病割合が有病するのがわかっています。骨の変形が関わるので、骨粗しょう症との関係も深いと言われております。

 

 

高齢者に多く見られる脊柱管狭窄症ですが、

症状には、歩行に支障をきたすものや要介護の要因になるようなことも含まれますので、

 

決して安易に考えない方が良いことは間違い無いのです。

 

 

 

三郷市のひまわり中央整体院で取り組む施術や治療

 

ここまでお話をして、

歳のせいなら治らないと思われていませんでしょうか?

 

確かに骨の変形や軟骨、靭帯が影響することには間違いありません。

 

しかし、

実際にこれらのことが起こっていたとしても

脊柱管狭窄症を発症しない人もいるのです。

 

 

 

考えて見てください。

 

同じ年齢の方で骨の変形や軟骨が何もなっていない人なんていません。

 

 

 

 

ですが、

症状が出てしまう人、出ない人が存在します。

 

 

 

 

 

これらを三郷市のひまわり中央整体院では

症状の原因を見つけて施術や治療を行なっていきます。

 

 

 

 

☑️ なぜ脊柱管狭窄症の症状が出ているのか。

 

☑️ どうしたら脊柱管狭窄症の症状を改善できるのか。

 

☑️ 脊柱管狭窄症の症状で注意することは何か。

 

☑️ 脊柱管狭窄症で取り組むことは何か。

 

 

 

 

年齢で発症することはありますが、

年齢だから治らないということはありません。

 

 

 

もし、

あなたがカッターで手を傷つけてしまい出血が止まらない修復されないお身体でしたら治る可能性は低いです。

 

人間には、自然治癒能力が存在します。

その自然治癒能力を最大限に発揮できますように三郷市のひまわり中央整骨院では施術や治療を患者様と一緒に取り組むことで高めていきます。

 

 

八潮市・脊柱管狭窄症・整骨院・整体院

 

 

ここまで長くなりましたが、

本日は埼玉県三郷市や三郷市近隣より

 

腰痛治療や交通事故治療、

坐骨神経痛の原因である脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアや

産後の骨盤矯正などの施術や治療などで

 

 

多くの患者様が来院されます

三郷市のひまわり中央整体院のブログをご覧になっていただきまして、

 

本当にありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

→腰椎椎間板ヘルニアの症状別ページはこちらより

 

 

→腰痛の症状別ページはこちらより

--------------------------------------------------------------------------

交通事故治療・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛治療の専門院
全国交通事故治療認定院 第1540号
ひまわり中央整骨院
〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬4丁目1-1
ドラックぱぱす・オリジン弁当共有地【無料大型駐車場50台完備】
つくばエクスプレス線 八潮駅南口より徒歩3分
℡:048-954-6789【予約制】

--------------------------------------------------------------------------

ひまわり中央整骨院の公式ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院の交通事故専用ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院のフェイスブックページはこちらより

ひまわり中央整骨院のアメブロはこちらより

ひまわり中央整骨院のエキテンサイトはこちらより

エキテンサイトへの口コミはこちらより
こちらへ空メールを送りエキテンに口コミが書けます♪
当院へご来院頂き、エキテンの口コミを書いて頂くと、
Amazonのギフト券1000円分とひまわり中央整骨院から500円のクオカードプレゼント♪

書き方やクオカードのもらい方など詳しくは、こちらより

--------------------------------------------------------------------------

投稿日:2017/07/14

記事一覧

八潮市|ひまわり中央整骨院 ご予約・お問合せ

Call:048-954-6789

トップに戻る