スタッフブログ

こんな人が脊柱管狭窄症になります!八潮市・ひまわり中央整体院

脊柱管狭窄症、実は大きく影響するのは姿勢・ストレス・生活習慣だって事をご存知ですか?

 

 

八潮市・整体院・脊柱管狭窄症

 

 

 

おはようございます!

 

本日も早朝の日の出後より

坐骨神経痛の原因である脊柱管狭窄症腰椎椎間板ヘルニア

腰痛治療や交通事故治療、産後の骨盤矯正の施術や治療で

 

埼玉県八潮市や八潮市近隣より

多くの患者様が来院されます

 

ひまわり中央整体院のブログをご覧になっていただきまして、

本当にありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

本日は

 

おさえておきたい脊柱管狭窄症

のことについてブログに書いていきます。

 

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

老化以外にも様々な要因がある

 

脊柱管狭窄症の発症は、

老化によるところが最も大きいと言えます。

 

しかし歳をとっても発症しない人がいるように、

老化だけが全ての要因とは言い切れません。

 

そこには、年齢の他にプラスで他の要因があると考えられます。

 

 

 

先日のブログで脊柱管狭窄症は生活習慣病であるとお話をいたしましたが、長年悪い姿勢を続けていたり、喫煙や運動不足などの生活習慣を続けてたことで、そのしわ寄せが脊柱管にきて、脊柱管狭窄症を発症してしまう可能性も十分にあり得るのです。

 

→昨日の脊柱管狭窄症のブログはこちらより

 

→一昨日の脊柱管狭窄症のブログはこちらより

 

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

脊柱管狭窄症になる要因 ①腰に持病がある

 

長年腰痛を繰り返している人や腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などの持病がある人は、要注意です。

 

また生まれつき脊柱管が狭い人も発症しやすいと言えます。

 

 

脊柱管狭窄症になる要因 ②生活習慣に問題がある

 

生活習慣も発症のリスクになり得ます。

 

例えば、

長時間同じ姿勢でいたり、長時間座っている人の場合、背骨にかかる負荷によって姿勢が崩れ、猫背になりやすい傾向があります。

 

これによって背骨自体が徐々に変形し、脊柱管を狭めてしまうことがあります。またこれからお伝えする生活習慣も要因になるので改善が必要です。

 

 

喫煙

ニコチンは血管を収縮させる

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる働きがあり、血流を低下させると言われています。その結果、筋肉や靭帯、神経、骨、軟骨にも悪影響を与えます。

 

 

運動不足

筋肉の衰えが発症の要因になる

運動不足の状態では、全身の筋肉が衰えると同時に腰の筋肉も衰えることになります。腰の筋肉が衰えると、良い姿勢をキープできなくなり、腰椎への負担が大きくなり、脊柱管狭窄症の発症の要因になります。

 

 

ストレスの多い生活

姿勢の悪化や体に力が入ることで背骨が老化

ストレスを感じ続けていると、中枢神経の働きが乱れ、痛みに過敏になることがあります。また、ストレスで気持ちが落ち込むと姿勢も悪くなり、脊柱管狭窄症の発症のリスクを高めます。さらに、ストレスにより無意識に体に力が入り、腰椎を圧迫する力も高まって脊柱管を徐々に狭める原因となります。

 

 

 

misatoshi sibire

 

 

 

脊柱管狭窄症になる要因 ③和式の生活

畳や床に直接座る和式の生活と、イスに腰かける洋式の生活では、和式の生活のほうが腰への負担が大きくなりがちです。畳や床へ直接座る場合、背もたれがないため、姿勢がくずれやすいのです。
では、和式の座りかたがなぜ腰への負担を大きくするのか、説明していきましょう。

 

 

 

 

正座

背骨全体が湾曲し腰痛の引き金に
長時間正座をしていると、疲れて背中がだんだんまるくなり猫背になります。骨盤が後ろに倒れ、それにつられて腰や背中がまるくなり、背骨全体がアルファベットのCの字のように湾曲してしまいます。この姿勢が腰痛を引き起こすきっかけになるのです。葬儀など、どうしても正座をしなければならない場合は、市販の正座イスを使用するといいでしょう。お尻の位置が高くなるので、腰への負担を軽減することができます。

 

 

 

 

 

あぐら

骨盤が後ろに倒れ腰椎に負担がかかる

男性が好む座りかたですが、あぐらをかくと骨盤が後ろに倒れ、腰がまるまり、腰椎に大きな負担がかかります。

 

 

 

 

 

体育座り

背骨全体が湾曲し腰へ大きな負担に
背骨全体がアルファベットのCの字のように湾曲してしまうので、腰椎へ大きな負荷がかかってしまいます。

 

 

 

 

 

長座位

ひざが伸びると骨盤が後ろに倒れる

足を投げ出して壁などに寄りかかって座るスタイルです。この座り方では、骨盤が後ろに倒れて腰が丸まってしまいます。投げ出した足の膝がまっすぐに伸びることで、太ももの裏側の筋肉が突っ張り、骨盤が後ろへ倒れやすくなるのです。

 

 

 

 

 

横座り

腰椎が後ろに丸まり左右に湾曲する

正座の姿勢から両足をどちらか片方へずらした座り方です。正座に疲れた時に女性がしがちな座り方ですが、腰椎が後ろに丸まってしまうだけでなく、左右に湾曲してしまいます。

 

 

 

 

 

女の子座り

骨盤が後ろに倒れ猫背になりやすい
両足の膝の内側を床につけて足を左右に広げて、お尻を床にぺたんとつける座りかたです。この座りかたは、骨盤が後ろに倒れて猫背になりやすくなります。また膝への負担も高まります。

 

 

 

 

 

これらのことは、

脊柱管狭窄症を起こしやすい姿勢の一つです。

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

 

 

足立区・脊柱管狭窄症・整骨院・整体院

 

 

本日も早朝の日の出後より

 

 

坐骨神経痛の原因である脊柱管狭窄症腰椎椎間板ヘルニア

腰痛治療や交通事故治療、産後の骨盤矯正の施術や治療で

 

 

埼玉県八潮市や八潮市近隣より

多くの患者様が来院されます

 

 

ひまわり中央整体院のブログをご覧になっていただきまして、

本当にありがとうございます!

 

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

→腰椎椎間板ヘルニアの症状別ページはこちらより

 

 

→腰痛の症状別ページはこちらより

--------------------------------------------------------------------------

交通事故治療・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛治療の専門院
全国交通事故治療認定院 第1540号
ひまわり中央整骨院
〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬4丁目1-1
ドラックぱぱす・オリジン弁当共有地【無料大型駐車場50台完備】
つくばエクスプレス線 八潮駅南口より徒歩3分
℡:048-954-6789【予約制】

--------------------------------------------------------------------------

ひまわり中央整骨院の公式ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院の交通事故専用ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院のフェイスブックページはこちらより

ひまわり中央整骨院のアメブロはこちらより

ひまわり中央整骨院のエキテンサイトはこちらより

エキテンサイトへの口コミはこちらより
こちらへ空メールを送りエキテンに口コミが書けます♪
当院へご来院頂き、エキテンの口コミを書いて頂くと、
Amazonのギフト券1000円分とひまわり中央整骨院から500円のクオカードプレゼント♪

書き方やクオカードのもらい方など詳しくは、こちらより

--------------------------------------------------------------------------

投稿日:2017/07/16

記事一覧

八潮市|ひまわり中央整骨院 ご予約・お問合せ

048-954-6789 予約優先制

トップに戻る