スタッフブログ

腰痛治療の専門院がお伝えする【腰の構造】

腰痛治療・ヘルニア治療の専門院のひまわり中央整骨院のホームページをご覧になっていただきましてありがとうございます!

今回は、腰痛治療・ヘルニア治療の専門院がお伝えします【腰の構造】をお送りいたします!

%e8%84%8a%e6%a4%8e%e3%81%ae%e6%a7%8b%e9%80%a0

私たちの姿勢を維持しているものの中心となっているのが脊椎(背骨)です。

この脊椎(背骨)から数多くの骨格が広がり、身体の構成をしております。またこの中に腰の構造に関与する、腰椎が含まれているのです。

脊椎は24個の骨(椎骨)の結合体で、その間に『椎間板』と呼ばれる衝撃を吸収するためのクッションの役割をするものがあります。もちろん腰にあります腰椎の間にもこの椎間板が存在します。

脊椎は、横から見ると、緩やかなS字のカーブを描いています。腰椎の部分に関しては、やや前弯といって、前に突出しているようなカーブを描いているのです。

脊椎は、上から少し前方に緩く曲がった7個の頸椎、背中の反りを作り出す、後方に緩やかに曲がる12個の胸椎、背中の反りとバランスをとる、前方に緩やかに曲がる5個の腰椎、仙骨、尾骨で構成されています。

%e6%a4%8e%e4%bd%93%e3%81%ae%e6%a7%8b%e9%80%a0

脊椎は小さな24個の椎骨の集合体ですが、骨同士がそのまま連結していたのでは、やがて削れて痛みが出てしまいます。歩いたときに足から受ける衝撃も、そのまま頭の先まで伝わってしまいます。その為、1つ1つの椎骨の間には、椎間板があります。椎間板が脊椎にかかる負担を吸収して、分散させるクッションのような働きをしています。腰椎や腰もこの椎間板が負担を吸収しているのです。

2段構造になっている椎間板は、中心部分に髄核という柔らかい組織があり、髄核を包み込むように繊維輪軟骨という軟骨組織から成り立っています。

ご来院される患者様には腰痛の症状で来院される方が、多いのですが中には、腰椎の椎間板ヘルニアの症状も少なくはありません。この椎間板の繊維輪軟骨が破れて中心の髄核が外に飛び出すことで症状がでている方もいらっしゃいます。

腰痛や椎間板ヘルニアはなで発症するのか。

そもそも痛みがなぜ起こるのか?

基本的なお身体の構造も含めて、今後もホームページにアップさせていただきますね!

いつもご覧になっていただきありがとうございます。

腰痛関連ページ

突然腰の痛みを感じ目の前が暗闇に襲われました。

今までで、一番最悪のぎっくり腰でした。

腰痛治療の事なら八潮市のひまわり中央整骨院にお任せ下さい!

諦めていた腰の痛みと足の痺れの変化を感じれました!

突然のぎっくり腰になってしまいました。。。

朝と仕事中の腰の痛みが気にならなくなりました!

腰(腰痛・ギックリ腰)

【腰痛治療】予防のために『コルセット』した方がイイですか?

--------------------------------------------------------------------------

交通事故治療・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛治療の専門院
全国交通事故治療認定院 第1540号
ひまわり中央整骨院
〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬4丁目1-1
ドラックぱぱす・オリジン弁当共有地【無料大型駐車場50台完備】
つくばエクスプレス線 八潮駅南口より徒歩3分
℡:048-954-6789【予約制】

--------------------------------------------------------------------------

ひまわり中央整骨院の公式ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院の交通事故専用ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院のフェイスブックページはこちらより

ひまわり中央整骨院のアメブロはこちらより

ひまわり中央整骨院のエキテンサイトはこちらより

エキテンサイトへの口コミはこちらより
こちらへ空メールを送りエキテンに口コミが書けます♪
当院へご来院頂き、エキテンの口コミを書いて頂くと、
Amazonのギフト券1000円分とひまわり中央整骨院から500円のクオカードプレゼント♪

書き方やクオカードのもらい方など詳しくは、こちらより

--------------------------------------------------------------------------

投稿日:2017/01/05

記事一覧

八潮市|ひまわり中央整骨院 ご予約・お問合せ

048-954-6789 予約優先制

トップに戻る