スタッフブログ

腰部脊柱管狭窄症かも?と思ったら【足立区ひまわり中央整体院】

腰から足にかけての痺れや痛みがあり、坐骨神経痛の症状や脊柱管狭窄症の症状が出ていたら、まずはご自身のお身体を慌てずに調べることから始めましょう!

 

足立区・整体院・脊柱管狭窄症

 

 

 

 

おはようございます!

 

本日も早朝より

東京都足立区はもちろんのこと、足立区近隣より

 

坐骨神経痛の原因である腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症の症状や腰痛治療、交通事故治療、産後の骨盤矯正などの施術や治療などで、

 

多くの患者様が来院されます

ひまわり中央整体院のブログをご覧になっていただきまして、

本当にありがとうございます!

 

 

 

 

本日は、

脊柱管狭窄症についてのお話をさせていただきます!

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

adatiku seitai

腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症は何が違うのか?

 

お尻から太もも、ふくらはぎ、すね、足先にかけて現れる痛みや痺れを坐骨神経痛と呼びますが、これは病名ではなくお尻から足にかけて現れる痛みの呼称です。

 

坐骨神経痛を引き起こす病気の代表的なものの1つが腰椎椎間板ヘルニアで、比較的若い年齢の世代で発症する坐骨神経痛の原因として多く見られます。

 

そして、高齢になってくるとその原因が脊柱管狭窄症になります。

 

 

脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアは病態が異なるため、間違った知識や治療や施術を行うとかえって症状を悪化させてしまいます。そのようなことがないように患者様自身も2つの病気を見極めることが大切になります。

 

椎間板とは、

背骨と背骨の間をつなぐ軟骨のことで、クッションの役目をしております。この軟骨の中心部にはゼリー状の組織がありますが、何らかの原因で椎間板に亀裂が入り、このゼリー状の組織が外に飛び出し、神経を圧迫し、腰痛や坐骨神経痛を引き起こすのが椎間板ヘルニアです。

 

 

2つの病気を見極める目安は、

立った状態で前屈と後屈を行うことです。

 

前屈の方が楽なら脊柱管狭窄症、後屈の方が楽なら椎間板ヘルニアです。

 

脊柱管狭窄症の場合、前屈によって脊柱管が広がり神経への圧迫が少なくなるため、痛みが和らぐのです。

 

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

 

→腰椎椎間板ヘルニアの症状別ページはこちらより

 

 

 

 

知っておきたい脊柱管狭窄症に似た症状

 

実は脊柱管狭窄症に似た症状を持つ血管の病気があるのです。

これらと脊柱管狭窄症との違いを知ることも非常に大切になります。

 

閉塞性動脈硬化症

 

なかなかお聞きしない症状の一つではないでしょうか?

 

閉塞性動脈硬化症もお尻、太もも、ふくらはぎ、足の裏などに痛みや痺れが出る病気です。体の隅々まで酸素や栄養素を運ぶ動脈が加齢に伴って老化をし、弾力性を失って硬くなり、動脈の壁にコレステロールなどの物質が沈着をして血管が細くなったりして血流が悪くなる現象を動脈硬化と言いますが、動脈硬化が足に現れた場合、閉塞性動脈硬化症と呼ばれております。

 

閉塞性動脈硬化症は足の血管が狭くなって血流が悪くなるため、いつも足が冷たい、歩くと足が痺れる、ふくらはぎが痛いといった症状が現れます。また歩行中に痛みが出て歩けなくなるけれどもしばらく休むと痛みが和らぐ間欠性跛行という症状もあります。

 

これらの症状は脊柱管狭窄症と非常によく似ているのです。

さらに血管の老化が原因で起こる病気なので、発症しやすい年代が50代以降であるという特徴も似ています。

 

しかし、その症状には微妙に異なるところがあります。

その微妙な違いを見極めて痛みや痺れの原因となる病気を判断することが重要です。

 

このように症状は似ていても違う病気ということはよくあります。何らかの症状が出ても自己判断は避けて、整形外科や内科、整骨院や接骨院などの治療院を受診することをお勧めいたします。

 

 

脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の症状の特徴

 

脊柱管狭窄症の症状の特徴

☑️ 杖をついたり、シルバーカーを押したりすると楽に歩ける。

 

☑️ 歩行中に痛みや痺れのために歩けなくなるが、立ち止まって腰を丸めて休むと再び歩ける

 

☑️ 歩くより自転車で移動する方が楽

 

☑️ 残尿感や会陰部に違和感がある

 

 

閉塞性動脈硬化症

☑️ 杖はついてもつかなくても痛みや痺れに違いはない

 

☑️ 歩いている途中で痛みや痺れで立ち止まることがあるが、立ち止まるだけで症状が回復する

 

☑️ 自転車でも歩きでも痛みや痺れに違いはない

 

☑️ 残尿感や会陰部の違和感はない

 

☑️ 左右の足の色が違う

 

 

これらの違いを知るだけでも脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の違うを理解をすることをできるのではないでしょうか?

 

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

本日は、

脊柱管狭窄症の症状に似た病気をご紹介させていただきました。

何かお役に立てる情報であったことを願います。

 

 

 

足立区・脊柱管狭窄症・整骨院・整体院

 

 

 

 

本日も東京都足立区はもちろんこと足立区近隣より

腰痛治療や交通事故治療、坐骨神経痛の原因である腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症、産後の骨盤矯正の施術や治療などで

 

多くの患者様が来院される

ひまわり中央整体院のブログをご覧になっていただきまして、

 

 

本当にありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

→脊柱管狭窄症の症状別ページはこちらより

 

 

 

→腰椎椎間板ヘルニアの症状別ページはこちらより

 

 

 

 

→腰痛の症状別ページはこちらより

--------------------------------------------------------------------------

交通事故治療・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛治療の専門院
全国交通事故治療認定院 第1540号
ひまわり中央整骨院
〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬4丁目1-1
ドラックぱぱす・オリジン弁当共有地【無料大型駐車場50台完備】
つくばエクスプレス線 八潮駅南口より徒歩3分
℡:048-954-6789【予約制】

--------------------------------------------------------------------------

ひまわり中央整骨院の公式ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院の交通事故専用ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院のフェイスブックページはこちらより

ひまわり中央整骨院のアメブロはこちらより

ひまわり中央整骨院のエキテンサイトはこちらより

エキテンサイトへの口コミはこちらより
こちらへ空メールを送りエキテンに口コミが書けます♪
当院へご来院頂き、エキテンの口コミを書いて頂くと、
Amazonのギフト券1000円分とひまわり中央整骨院から500円のクオカードプレゼント♪

書き方やクオカードのもらい方など詳しくは、こちらより

--------------------------------------------------------------------------

投稿日:2017/07/15

記事一覧

八潮市|ひまわり中央整骨院 ご予約・お問合せ

048-954-6789 予約優先制

トップに戻る