スタッフブログ

八潮市で唯一の整骨院です。坐骨神経痛は原因から改善!

おはようございます!

 

本日も、

早朝、日の出後より当院のブログをご覧になっていただきまして、

 

本当にありがとうございます!

 

yashioshizakotsushinkeitsu

埼玉県八潮市のひまわり中央整骨院は、

八潮市で唯一、坐骨神経痛の症状を原因から改善いたします。

 

 

当院のブログでも度々、

坐骨神経痛の原因や症状などを上げて来ましたが、

 

非常に大切なことですので、今日もお伝えさせていただきます!

 

zakotsushinkeitsuugennin2

 

坐骨神経痛は坐骨の痛み、つまりお尻のあたりの痛みだと思っている方が多いかもしれません。

 

しかし、

坐骨神経は腰から膝裏あたりまで伸びている非常に長い神経です。

 

ですので、

足の痛みの原因になっている場合もあります。

 

意外と知られていない

この坐骨神経痛について、原因や症状などについてお伝えいたします。

 

 

坐骨神経をご存知ですか?

坐骨神経とは、

腰から太ももを通って足先に伸びる神経の膝裏の辺りまでを言います。

 

この坐骨神経がどこかで障害を受けると、坐骨神経痛が起こります。

 

坐骨神経痛とは、

病気の1つの症状であって病名ではありません

 

風邪と坐骨神経痛を比べて例えるならば、

風邪が病気(腰椎椎間板ヘルニア)で、咳が症状(坐骨神経痛)です。

 

 

また、

坐骨神経痛は腰痛を伴うことも多いです。

 

症状は、お尻や足に出やすいが、

結果的に原因は腰周辺にあるのが特徴です。

 

 

坐骨神経に障害が起こる2つの原因

坐骨神経痛を訴えて病院や整形外科を受診したとしても、

 

原因がはっきり分からない場合が非常に多いです。

 

坐骨神経痛を含む腰痛を訴える人のうち、

 

約85%は原因が特定できないと言います。

 

 

では、

残りの特定できる原因とは何でしょうか?

 

原因が特定できる中で一番多いのは、

 

腰部の神経圧迫が原因で起こる腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症です。

 

この2つの病気では、特に坐骨神経痛の症状を訴える患者様が多いようです。

 

 

腰椎椎間板ヘルニア

 

坐骨神経痛の原因のほとんどは、腰椎間板ヘルニアだといわれます。

yashioshiyoutsuitsuikanbanherunia

症状

腰やお尻から足にかけて、神経の痛み(放散痛)が発生します。

 

その他、

足のふくらはぎの外側に痺れが起こったり、足に力が入りにくくなったりします。

症状がひどくなると、筋力低下や見るからにふくらはぎが痩せていきます。

 

稀に、排尿障害や排便障害を起こすこともあります。

→残念ながら、この場合のみ施術を続けることで改善が難しいので、手術の適応となります。

 

なぜ腰椎椎間板ヘルニアが起こるのか?

腰椎(腰の骨)は、

椎体と呼ばれる骨の部分と、クッションに当たる椎間板があります。

 

さらに、

椎体のクッションの椎間板は繊維輪と髄核と呼ばれるものでできています。

 

これらが何らかの原因で繊維輪が断裂し、そこから髄核が出てきて、

 

坐骨神経を圧迫して痛みや痺れが起こるのです。

 

カウンセリング

まずは、

下肢伸展挙上試験(膝を伸ばして足を挙げた時に痛みがあるかどうかを調べる試験)を行うほか、

 

足の感覚や、力の入り方を調べます。

 

加えて、病院や整形外科などで

レントゲン検査やMRI検査などで診断します。画像を見れば、ヘルニアかどうかがすぐに分かります。

 

多くの患者様は、

最初病院へ行き診断を受けた後、症状の変化がなく、

 

八潮市のひまわり中央整骨院を受診されることがほとんどです。

 

 

腰部脊柱管狭窄症

youbusekichukankyousakusho

症状

ほとんどの場合、安静にしていると痛みはあまり出ませんが、

 

歩き出すとお尻から太ももや足の指先にかけて痛みや痺れが出ます。

 

 

そのため、

長い距離を歩けなくなったりしばらく休憩するとまた歩けたりということを繰り返します。

 

このような歩行は間歇性跛行と呼ばれ、脊柱管狭窄症に特徴的な症状です。

 

その他、

足の筋力が低下したり、知覚障害や膀胱の障害(トイレが近くなる、回数が多くなる、残尿感など)

 

が起こったりする場合もあります。

 

なぜ脊柱管狭窄症が起こるのか?

神経が通る道の腰椎の脊柱管が、腰椎の変形などによって狭くなり、神経を圧迫して症状が発生します。

 

変形の原因としては、加齢があげられます。

 

年を取ると背骨が変形したり、椎間板が変形したりするため、このような狭窄が起こりるのです。

 

腰椎椎間板ヘルニアに比べ、中高年に多いのが特徴です。

 

カウンセリング

整骨院や整体院で症状の改善を行うことはもちろん可能です。

 

しかし、

整骨院や接骨院などの治療院では断定出来る検査方法はありません。

 

その為、

病院や整形外科でMRI検査で診断できることが多いです。

 

MRI検査でもはっきり診断ができない場合や手術が決まって詳細に検査する場合には、

 

腰椎に針をさして造影剤を入れて脊髄造影という検査を行う場合もあります。

 

まとめ

坐骨神経痛は坐骨神経に沿った痛みであり、

 

神経が障害されていることが原因となります。

 

 

原因となる代表的な病気は、

 

腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症です。

 

また、

画像検査を行っても神経障害の原因が特定されないことが多いのですが、

 

しっかりと治療を行えば多くは短期間で改善します。

 

 

しかし、

中には原因が特定されないまま、長期間坐骨神経痛の症状を繰り返す患者様もいます。

 

足が痛くて痺れて歩行もままならない坐骨神経痛ですが、

 

整骨院や接骨院、病院や整形外科などの医療機関で正しい診断を受け、

 

その原因や症状にあった治療を受けることが重要です。

 

手術が必要な患者様も中にはいますので、

 

知覚障害などを伴う痛みをお持ちの方は、

 

早めに専門医(整形外科)に相談することをお勧めいたします。

 

坐骨神経痛の症状は、

 

原因をしっかりと突き止めることで、改善されます。

 

埼玉県八潮市にあります、ひまわり中央整骨院は、

坐骨神経痛を始め、腰痛治療、交通事故治療、腰椎椎間板ヘルニアの治療を専門的に行なっております。

 

またその治療の為に、

近隣の三郷市や足立区からも多くの患者様が来院されます。

 

坐骨神経痛にお悩みの際には、

八潮市のひまわり中央整骨院へご相談ください!

--------------------------------------------------------------------------

交通事故治療・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛治療の専門院
全国交通事故治療認定院 第1540号
ひまわり中央整骨院
〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬4丁目1-1
ドラックぱぱす・オリジン弁当共有地【無料大型駐車場50台完備】
つくばエクスプレス線 八潮駅南口より徒歩3分
℡:048-954-6789【予約制】

--------------------------------------------------------------------------

ひまわり中央整骨院の公式ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院の交通事故専用ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院のフェイスブックページはこちらより

ひまわり中央整骨院のアメブロはこちらより

ひまわり中央整骨院のエキテンサイトはこちらより

エキテンサイトへの口コミはこちらより
こちらへ空メールを送りエキテンに口コミが書けます♪
当院へご来院頂き、エキテンの口コミを書いて頂くと、
Amazonのギフト券1000円分とひまわり中央整骨院から500円のクオカードプレゼント♪

書き方やクオカードのもらい方など詳しくは、こちらより

--------------------------------------------------------------------------

投稿日:2017/03/16

記事一覧

八潮市・草加市|ひまわり中央整骨院 ご予約・お問合せ

Call:048-954-6789

トップに戻る