スタッフブログ

施術家に有名な【ゴッドハンド通信】に取材を受けました!

カイロの王道を披露

先日、業界では有名な施術技術を公開している【ゴッドハンド通信】に取材を受けました!

 

当院のホームページはこちらよりご覧になれます! → ひまわり中央整骨院

 

ブログもご覧になることができます!→【ゴッドハンド通信】

 

カイロプラクティックと聞くと『ボキボキ』『ポキポキ』痛いのではないのか?というイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、ひまわり中央整骨院で行なっている施術は、痛みを感じさせないカイロプラクティックで矯正の施術を行います。もちろん、音がなるのが怖い方には音が鳴らずに矯正をすることも可能です!

 

当院では、技術の統一を測りどの先生が施術を行なっても同じ結果が生まれるように日々技術指導や練習を繰り返しております。特に利用者様には、音がなる事への抵抗感があるために無理やりやったり、痛いことは禁止しております。

 

カイロの良いところは、施術効果に即効性があることです。

腰痛の施術や骨盤矯正には非常に効果があります。

 

 

腰痛でお困りの方はこちらより → 腰痛ページ

骨盤の歪みでお困りの方はこちらより → 骨盤矯正のページ

椎間板ヘルニアでお困りの方はこちらより → 椎間板ヘルニアのページ

坐骨神経痛でお悩みの方はこちらより → 坐骨神経痛のページ

 

当院を初めて受診される方はこちらより → 初めての方へ

 

 

しかし、1点気をつけて頂きたいことがあります。

それは、施術だけを受ければ良くなるという訳ではないことです。

 

どの施術もこれをやれば良くなるということはありません。利用者様ご自身にも気をつけていただくことも多々あります。

今回の動画は施術のテクニックの動画でしたが、八潮市の、ひまわり中央整骨院の代表が言っています通りに、あくまで施術は利用者様の悩みを早期に回復させるサポート役なのです。

 

当院では、利用者様のお悩みを治す施術はもちろんですが、

より早期に、より持続的に痛みや痺れがでないためにアフターフォローにも力を入れております。

 

一時的に痛みをなくすのであれば、病院や整形外科で薬や注射でも可能です。

しかし、多くの利用者様は、痛みをなくすことは大前提で、痛みのでないお身体を求めて来院されます。しかし、その後痛み、痺れが再発してしまっては意味がありません。

当院はその場凌ぎの施術ではなく、根本的に原因を改善させる治療とアフターフォローに力を入れております。

 

ゴッドハンド通信-カイロプラクティック-八潮市-八潮駅-ひまわり中央整骨院

 

お身体のお困りごとやご相談は、埼玉県八潮市のひまわり中央整骨院までお気軽にご相談をしてください!

 

当院のホームページはこちらよりご覧になれます! → ひまわり中央整骨院

当院を初めて受診される方はこちらより → 初めての方へ

 

腰痛でお困りの方はこちらより → 腰痛ページ

骨盤の歪みでお困りの方はこちらより → 骨盤矯正のページ

椎間板ヘルニアでお困りの方はこちらより → 椎間板ヘルニアのページ

坐骨神経痛でお悩みの方はこちらより → 坐骨神経痛のページ

投稿日:2018/06/26

腰痛の名医も断言!椎間板ヘルニアは病院の手術なしで治る【東京都足立区・整骨院】

名医も断言!椎間板ヘルニアの手術は不要!

本日も東京都足立区から多くの利用者様が来院されます、ひまわり中央整骨院のブログをご覧になって頂きまして、本当にありがとうございます。

 

今回のひまわり中央整骨院のブログは、医療機関である、整形外科の医師も認めた内容を多くの利用者様に知って頂きたく書かせて頂きます。

 

正直驚きを隠せませんでした。

整形外科の医師も認めてしまった、椎間板ヘルニアの手術は意味がないという事をブログに書かれているのです。

 

 

ひまわり中央整骨院のトップページはこちらより

ひまわり中央整骨院の椎間板ヘルニアのページはこちらより

ひまわり中央整骨院の腰痛のページはこちらより

 

 

ひまわり中央整骨院は東京都足立区より椎間板ヘルニアの症状で手術をしたくないという患者様のご相談を多数受けております。

 

 

腰痛の名医のブログ

腰痛治療の名医も断言!椎間板ヘルニアは手術しないでも改善することが可能!

 

『神の手を持つ』腰痛の名医が断言。椎間板ヘルニアの9割は『誤診』です(現代ビジネス編集部)→リンク先のブログはこちらより

 

 

このブログの中では、腰痛の原因は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄でないのに医療機関や整形外科でレントゲンやMRIを撮って、医師の診断を受けてしまっている、所謂誤診だと伝えております。そして、このブログの中には、ひまわり中央整骨院の治療方針と合致する【痛いところに原因はあらず】というお話をしております。

 

結局のところ、腰痛や椎間板ヘルニアは痛いと感じるところが悪い訳ではなくて、他からの要因で痛みを感じているに過ぎないのです。また、その中で医師は画像診断である、レントゲンやMRIにとらわれ過ぎているとのお話もされています。

 

そして、その整形外科の医師が推奨しているのが、手技療法です。足立区のひまわり中央整骨院でも使用している施術方法です。医師も話します。仙腸関節の調整をすることにより椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄などからくる腰痛を改善することは可能というお話です。

 

通常の医療機関や病院ですと、整骨院の施術方法と異なる、注射・ブロック注射・湿布・痛みどめ・手術などの処置がほとんどですが、この腰痛の名医は手術はせずに、ほとんどの利用者様の処置を行うとの事です。名医がお話をされているので、腰痛やヘルニア、脊柱管狭窄は手術を必要とせずに改善することは可能と言えるでしょう。

 

ひまわり中央整骨院のトップページはこちら

ひまわり中央整骨院の椎間板ヘルニアのページはこちらより

ひまわり中央整骨院の腰痛のページはこちらより

 

そもそも椎間板ヘルニアって何?

 

東京都足立区から来院される利用者様が多数いらっしゃるのですが、ほとんどの方が病院か整形外科などの医療機関にかかった後に来院されるので、ヘルニアの事をわかって来院される方が多いのですが、中には名前だけを知っていて、その中身やその病態などを理解していない方もいますので、足立区のひまわり中央整骨院のブログでご紹介をさせて頂きます。

 

 

動画は、椎間板ヘルニアになってしまう理由についてまとめさせて頂いた動画になります。

 

椎間板ヘルニアとは?

 

まず『ヘルニア』と言う言葉と、『椎間板』に分けられます。ヘルニアとは、日本語に直すと突出という意味になります。椎間板とは、背骨と背骨が直接接触しないようにする為のクッション材のようなものです。この椎間板が何らかの原因で形を変えて、突出してしまう事を椎間板ヘルニアと命名します。これらを病院や整形外科などの医療機関では、画像を用いて椎間板が飛び出ているのかを確認をして、病名を椎間板ヘルニアと言うのです。

 

椎間板ヘルニアは、人間の体内には3箇所で起こる可能性があります。しかし、体の構造上ほとんどの場合は、2つの椎間板ヘルニアしか出会わないのです。

 

1つ目は頚椎椎間板ヘルニアです。これは、頚椎が7つあるうちの1つで頭の重みを頚椎で受け続けるか、一気にかかる事で、椎間板に負担をかけたりストレスを与えてしまう事で、頚椎にある椎間板がヘルニアを起こしてしまう症状です。

 

2つ目は、腰椎椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアと言いますと、ほとんどのケースではこちらの状態をイメージされる方が多いかと思います。腰椎椎間板ヘルニアは、腰にある5つの椎体の間にある椎間板のクッションが神経がある方へ突出して、神経症状を起こしたり、痛み・痺れの症状を起こす事を言います。

 

3つ目は、胸椎椎間板ヘルニアです。この胸椎の場合は、体の構造上あまり起こらないのですが、稀に胸椎への負担が過多にあるケースですと起こり得る可能性があります。

 

ひまわり中央整骨院は、東京都足立区より頚椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニアなどの症状で多くの方からご相談を受けております。

 

ヘルニアってどんな状態?

ヘルニアは、椎間板の中心にある髄核が外方へ移動してしまい起こってしまう状態です。基本的には、椎間板は柔らかい素材でできていますので、形を変えたり動きはあるのですが腰付近への持続的な不可や継続的なストレスを与えてしまう事で、その椎間板が形を変えたままになってしまう事で、神経に触れ続ける現象が起こってしまうのです。その為、持続的に圧迫をされた状態になった神経は痺れや痛みをその先の末梢神経、すなわち腰で神経を圧迫しているのであれば、臀部や太もも、ふくらはぎなどで痛みや痺れが起こってくるのです。神経痛と聞きますと坐骨神経痛を思い浮かべる方がほとんどかと思いますが、坐骨神経痛になる原因の腰椎椎間板ヘルニアも腰のところで神経が絞扼(圧迫)されてその先の末梢神経に痛みや痺れが出てくる状態を言うのです。

 

椎間板ヘルニアかも?と思ったら

足に痺れが起こったり太ももに痛みが起こった場合には、ほとんどの利用者様の場合、医療機関である病院や整形外科へ行き、レントゲンやMRIを受けてお医者さんに診断してもらいます。診断をされ、椎間板ヘルニアと言われた場合、ほとんどのケースでは痛み止めの薬や湿布や注射、電気療法、牽引療法などで 処置が行われます。

 

もちろんそれで、椎間板ヘルニアの悩みが良くなれば、良いのですが、多くの利用者様はその一時的におさまった痛みでは、結局のところ再び痛みや痺れが起こってくるのです。

 

そこで、再びお医者さんに相談すると、痛みや痺れの変化がないために最悪のケースだと手術を勧められます。手術をしても100%完治する可能性はなく、また再び痛みや痺れに悩む事が起こる可能性もあります。それは、椎間板ヘルニアを一時的に痛みや痺れを止めているだけであり、ヘルニアの原因を改善しているわけではないからです。

 

手術と言う言葉に驚かなくても大丈夫ですよ。

病院や整形外科を受診して、悩みがなかなか改善しない場合には、お医者さんから手術と言われてしまうケースも少なくありません。

東京都足立区のひまわり中央整骨院に来院される、利用者様も手術と言われてしまい。落ち込んで、当院へご相談をされる方を何百名もみて来ました。しかし、ほとんどの痛みや痺れのケースの場合、手術をする程の状態ではなく、当院の手技療法で改善できているのです。

 

しかし、ここで1つ。

そうは言っても手術が適応になるケースがどうしてもあります。

けれども、これ以外は、どんなに痛みや痺れが強くても動けないほどの体の状態でも改善する事は可能なのです。

 

手術適応例(ここだけは覚えておいてください。)

・排便障害(便が出なくなる。もしくは出ずらくなる。)

・排尿障害(尿が出なくなる。もしくは出ずらくなる。)

・継続する筋力低下

 

上記にも書かせていただきましたが、これらの状態以外は、

手術をしなくても施術で改善する事は可能なのです。

 

 

ひまわり中央整骨院のトップページはこちらより

ひまわり中央整骨院の椎間板ヘルニアのページはこちらより

ひまわり中央整骨院の腰痛のページはこちらより

 

 

ヘルニアを良くする為にはどうしたら良いの?

 

東京都足立区で椎間板ヘルニアの治療をするなら、病院や整形外科でも治らなかった症状を改善する、ひまわり中央整骨院へ

 

椎間板ヘルニアを良くする為には、原因となる椎間板を元の場所に戻すことが必要になります。椎間板を元に戻す為には、腰へのストレスや腰への負担をなくすことが必要になります。例えば前傾姿勢で長時間いたりとか、同じ姿勢でい続けることも腰への負担を増やします。椎間板は一時的には変形をしますが、その変形が長時間にわたり変形し続けた状態になると、椎間板の横を走っている神経に触れ、痺れや痛みを起こしてしまうのです。ですので、病院や整形外科で手術をしたとしてもヘルニアによる痛みや痺れが再び起こってしまうのは、この原因が解決していないからです。

整骨院や整体院で施術したとしても良くならない。病院や整形外科で処置をしてもなかなか良くならないのは、これらのことが解決していないから起こり続けてしまっているのです。

 

椎間板ヘルニアの痛みや痺れがあまりにもひどい時には、無理をして運動したり、痛みを我慢して動いたりすることは避けた方が良いです。また、痛みを感じる強い刺激を入れることも避けるべきです。

これは、人間が痛みを感じた時に拒否反応として、体が硬くなってしまう性質である防御反応を起こしてしまうからです。痛みがだんだん引いてきて、動けるようになってきた場合には、徐々にウォーキングや軽めの運動などをして、 体を動かして筋肉や関節を動かすことによって血流や血流に含まれる酸素の運搬を促すことで神経の回復を促進させることができるのです。

 

病院や整形外科で処置をすれば治る、整骨院や整体院で施術を受けば治る、ではなくて利用者様ご自身でも腰に負担のかからない普段の生活を意識することが非常に大切になります。

 

ここでちょっとしたアドバイス

椎間板ヘルニアを改善しようとした時に、整骨院・整体院をはじめとする施術所や病院・整形外科などの医療機関を受診することも大切になりますが、実はそれ以上に大切なことをここでご紹介をさせて頂きます。

 

ヘルニアを治そうとすると、どうしても痛みや痺れだけにフォーカスをしてしまう事が多いかと思いますが、お身体全体や体質を変えると、もっとが早期回復になるのです。

利用者様にもよりますが、このアドバイスを実行しただけで悩みが改善したケースも中にはいらっしゃいます。

  • 水を摂取する

東京都足立区から多くの患者様が来院される、ひまわり中央整骨院は、治療も大切にしていますが、その他のアフターケアにも力を入れております。

 

人間の体の60-70%前後は水分で出来ています。その為、食べ物をはじめ飲み物でしっかりと摂取なければなりません。人間の体は、汗・尿・便などにより水分が排出されてしまい、水分を吸収しなければお身体の状態が、脱水の状態になってしまうのです。特に飲み物には気をつけて頂きたく、を飲んで欲しいと思います。

水分と聞くとコーヒーやお茶などの含まれますが、実はこれらの水分にはカフェインと言う成分が入っており、利尿作用(トイレが近くなる)があります。せっかく吸収した水分が外に排出されてしまうのです。また、スポーツ飲料などもありますが、これらは糖質が非常に入っていますので、血管を傷つけてしまう作用があるのです。これは、糖尿病の患者様の合併症の中に壊死があることでお分かりになるかと思います。

ですので、しっかりと水を摂取する事で血管に水分が行き渡り、そして筋肉にも水分が入り込む事で柔らかい体を再構築することが出来るのです。

 

  • 寝る前にストレッチをする

 

寝れない程の痛みや痺れがない場合には、実践をして頂きたいストレッチです。

このストレットの目的は、もちろん筋肉を柔らかくすることも勿論ですが、実は腰に負担をかけない様にする為の姿勢の意識づけをする効果も持っています。しかも、簡単に毎日続けて出来る内容です。お風呂上がりに1分間程度、もしくは就寝前の1分間程度行ってみてください。慣れない方は、30秒からのスタートでも大丈夫です!

用意するものは、大きめなバスタオルです。それを丸めて頂き、肩甲骨の下の部分に置いて寝て伸びをします。もし引っ張っていただける方がいれば伸ばしてもらいます。いなければそのまま伸びをしていただければ大丈夫です。痛みなく出来る状態が大切ですので、痛みがある様でしたら丸める感じを小さくして、刺激を弱くしてストレッチをしてみて下さい!まずは、この簡単なストレッチからチャレンジをして、慣れてきましたら次のストレッチにチャレンジしましょう!

 

  • 普段から姿勢に気を付ける

東京都足立区から椎間板ヘルニアの症状でお悩みの患者様にお伝えしているのが姿勢の大切さです。

 

このブログで様々な事についてお話をしてきましたが、椎間板ヘルニアや腰痛などの痛み・痺れを改善させる為には、施術以外にも気をつけなけらばなりません。その一つとして、姿勢です。立ち方、座り方、歩き方など様々な姿勢があります。特に座る姿勢については、日常生活に置いて非常に多くの時間を使用するかと思いますので、ここであげさせて頂きます。座っている時は、横から見たときに正しい姿勢が存在します。簡単に言いますと耳・肩・骨盤の中心が一直線になっている状態が座っている時の正しい姿勢になります。これを意識するだけでも腰への負担が軽減をして、腰痛やヘルニアを予防することも改善することも出来るのです。また、いくら正しい姿勢でいるからと言っても長時間同じ姿勢でいることは非常に良くないです。人間は元々は動く物(動物)ですので、構造上動かす様に出来上がっているのです。ですので、正しい姿勢でも積極的にお身体を動かして頂き、同じ姿勢でいることは極力させる様にして下さい。

 

  • 寝る姿勢に気を付ける

寝方を気をつけるだけでも、ヘルニアや腰痛の症状は改善できることは可能です!

 

起きている時間の次に多い時間が寝ている姿勢です。実は、これも腰痛やヘルニアにも大きく関わってきます。寝ている姿勢でお身体の状態を良くするも悪くするも決めることができると言っても過言ではありません。寝る時の姿勢は基本的に仰向け(天井を見る姿勢)にて就寝をして下さい。これには、いくつかの理由が存在まします。まずは横向きで寝てしまうと、人間は一点で支える事は困難な動物です。爪先立ちより、足の裏でしっかりと支えた方がバランスが取りやすいかと思います。肩も同様です。横向きですと、肩で支える事が辛くなり、大きな面積を求めて、背中の方で支えようとします。その時の姿勢が猫背になってしまうのです。ですので、横向きで寝ることは極力避けるべきだと言えます。次にうつ伏せになることはしては行けません。これは、うつ伏せになってしまうと、内臓を圧迫してしまう可能性があるからです。心臓・肺・腸・胃などの内臓を圧迫してしまいますと、内臓の疾患や心臓を圧迫してしまうと、血圧の上昇などを起こしてしまうのです。消去方からも考えからも上向で就寝する様に心がける事が非常に大切になるのです!

 

 

ひまわり中央整骨院のトップページはこちら

ひまわり中央整骨院の椎間板ヘルニアのページはこちらより

ひまわり中央整骨院の腰痛のページはこちらより

 

 

一般的な整骨院を選ばれた場合

 

椎間板ヘルニアに悩まされて、病院や整形外科で症状が改善しない場合には、ひまわり中央整骨院へご相談をしてください!

 

東京都足立区にも多くの整骨院があります。しかし、一般的な整骨院ですと、電気療法やマッサージなどを主に行います。しかし、電気療法やマッサージだけですと上記にも書かせていただきましたが、根本的に改善する可能性が非常に少なく、痛みを一時的に押さえつける(誤魔化す)だけになります。ですので、マッサージや電気療法を行うことで、痛みや痺れを改善することはできませんが、一時的にごまかすことは可能です。

しかし、多くの利用者様の場合、痛みや痺れをごまかすことが目的ではなく、痛みの出ないことを目的とされています。椎間板ヘルニアになっている原因を明確にして、日常的にどのようなことに気をつけたら良いのか、どういった姿勢が腰に負担をかけているのか、姿勢以外にもどのようなことを気をつけたら良いのかを行うことで、早期に回復することが可能です。

 

整骨院の中には、すごい電気の機械を入れているところもありますが、結局のところ、その電気の機械がなければ利用者様の体は再び椎間板ヘルニアの痛みや痺れに悩まされます。よくよく考えて見るとお分かりになるのかと思いますが、すごい電気療法をすればよくなるのであれば、どこの病院でも入れますし、一家に一台あれば何も問題は起きないはずです。

問題なのは、すごい電気の機械を受けることではなくて、原因を改善出ることができるのかが最大のポイントなのです。

 

 

ひまわり中央整骨院の施術内容

椎間板ヘルニアの治療は何も手術のみではありません。根本的に治療を行うことで、痛みや痺れを改善することは可能なのです。

痛みや痺れの場所に施術をすることはもちろんですが、それ以上にもっと大切なことが、その痛みやしびれに対する原因がどこにあり、その原因に対する施術を行うことです。椎間板ヘルニアの場合、臀部や太もも、ふくらはぎや足先に痛みやしびれが生じますが、そこの施術ではなくヘルニアの起こっている腰への施術が必要になります。もっと言うなれば、腰に負担をかけている原因を明確にし、それに対する施術が必要になります。

 

東京都足立区から椎間板ヘルニアの症状でお悩みになる利用者様も病院や整形外科などの医療機関を受診し、整骨院や整体院をいくつも受診し、悩みがなかなか改善せずに当院へご相談されます。

 

足立区のひまわり中央整骨院では、 利用者様から聞いた情報をもとに適切な施術、適切な日常的に気をつけるアドバイスなどを行わせていただきます。痛みを強く伴う場合には、体に強い刺激を入れずに筋肉や関節を動かし、傷ついた神経にしっかりと血液が流れるように施術を行います。

なぜ強い刺激を入れないかと言うと、人間の体は、痛みに対して防御反応を起こします。そのため、良かれと思い行ったマッサージや良かれと思いやった施術がかえって椎間板ヘルニアの痛みを悪くする可能性があります。ですので、当院では必要以上に強い刺激を利用者様に入れずに今の状態を回復させる方法を取らせていただいております。

 

上記にも書かせていただきましたが、病院や整形での処置も大切です。また整骨院や整体院での施術も大切です。しかしそれ以上に椎間板ヘルニア起こしてしまった原因を解決することが一番大切になります。

 

東京都足立区から多くの利用者様が来院される理由は、こういった他の整骨院との違いが明確であり、そして結果が施術を行うことで改善し、口コミや紹介なので、当院にご相談される利用者様が多いのです。

 

ひまわり中央整骨院のトップページはこちら

ひまわり中央整骨院の椎間板ヘルニアのページはこちらより

ひまわり中央整骨院の腰痛のページはこちらより

 

 

本当に治るのか不安

多くの利用者様は病院や整形外科、整骨院や整体などに行かれ、なかなか治らない時間を過ごされています。しかし今回のブログを見て、いきなり核心に繋がらないのは当然です。それは今までのお悩みが、改善しなかったことや『治る』と、うたってなかなか治らない現実としているからです。

 

そして、どこの整骨院や整体院も自分達の院では良くなりますよ!と言っていて、結果的に治らない現実を見せられて本当にお辛い思いをされて、当院のホームページを見ても半信半疑になるのも当然だと思います。

 

でも、安心してください。これからお見せさせて頂く方は、あなたと同様に椎間板ヘルニアに悩まれていて、どこに行っても治らない、椎間板ヘルニアの悩みが改善しないと悩まれてきた方ばかりです。是非ヘルニアが改善された利用者様のお声をお聞きください。

 

 

実際に椎間板ヘルニアの利用者様が当院で施術を受けられた感想(お住まい:東京都足立区)

 

東京都足立区から来院された患者様はヘルニアで、学生時代を辛い思いで過ごされていました。

 

東京都足立区西新井にお住いの利用者様ですが、学生時からバレーボールに打ち込んでいました。しかし、ある日を境に腰から臀部、そして太ももや脹ら脛まで痛みと痺れに悩まされてしまいました。

上記でも供述した通り、病院へ行きレントゲンを撮り、MRIを撮り、画像診断を受けました。病院での処置は、痛み止めのお薬、湿布などの処置でした。しかし、中々椎間板ヘルニアの痛みが改善しない事を医師に告げると、先端の太い注射をしてなんとか誤魔化して生活をしていたとのことでした。

しかし、バレーボールの大会にどうしても出場しなければならなかったので、ブロック注射をしてなんとか出場をしていたとのことでした。大学生になり、90分の講義を同じ姿勢で受け続けることに耐えることが出来なくなり、お父様のご紹介で、当院を受診されました。

当然の事なのですが、ヘルニアよる痛みと痺れは改善しました。椎間板ヘルニアの痛みの原因は、腰にかかる負担がかかり続けていることでした。その為、当院での施術は腰に負担をかけない姿勢の指導は勿論のこと、その姿勢になりやすいように腰回りの筋肉をほぐしたり、背中周りの筋肉の緊張をとる施術などと併用して、体が柔らかくなるようにストレッチなども施術の中に入れさせて頂きました。痛みと痺れは、約2ヶ月ほどで完治しました。

あれだけ痛かったヘルニアによる痺れもなくなり、今では楽しく学生生活を送っていると、お父様からご報告を受けております。

 

 

実際に椎間板ヘルニアの利用者様が当院で施術を受けられた感想(お住まい:東京都足立区)

 

 

深夜に椎間板ヘルニアの足の痛みに耐えられずにスマホを片手に足立区でヘルニアを治せる整骨院はないのかと、ひまわり中央整骨院をネットで見つけました。

足立区内にある病院や整形外科に行って、レントゲンなどの画像診断を受けて、痛み止めの薬と湿布などによる処置をするも中々症状が改善してせずに整骨院と鍼灸院に行かれました。激しい痛みがある中、強い刺激のマッサージ、1日に100回の腹筋の指導など、とてもではないけれども継続できるような内容ではなかったとのことでした。

ある整体院では、行きよりも帰りの方が痛みが強くて、涙を流しながら帰ってこともあったそうです。今回の利用者様のケースは、姿勢を見させて頂く中で、腰に負担のかかる日常生活を送られていることがわかりました。

椎間板ヘルニアの原因は、継続する腰への負担も可能性的にはあります。その為、利用者様には普段からの姿勢に気をつけて頂く事を指導させていただきました。結果的には、半年たってヘルニアによる痺れと痛みは完治をして、前々から楽しみにしておられた趣味をやることができるようになりました。

 

実際に(頚椎)椎間板ヘルニアの利用者様が当院で施術を受けられた感想

埼玉県・八潮市・整体院・整骨院・整形外科・痺れ・痛み

 

痛みと痺れに悩まされて2年ほどたった時に、肩甲骨から腕・指先までの痛みと痺れに耐えられないほどになってしまいました。整形外科に週に3回ほど通院をして、電気の機械とマッサージをリハビリで行い、処方箋では湿布と痛み止めの薬をもらっていました。

それでも、中々痛みが改善しなかったので、自宅で出来るマッサージ機と低周波の機械を購入。一時的に痛みが緩和しますが、すぐに痛みと痺れが出て来てしまう状態が続きました。

たまたま、新聞折込に入っていたチラシを何度か見て、気にはなっていましたが、いよいよどうにかしなければまずいと思い電話をしました。初めて行った時に、先生から大丈夫ですよ。良くなりますよ。と声をかけて頂き、安心をしました。

そして、1回目の施術後から80%ほどの痛みが解消しました。たった数回の施術で、痛みも痺れも良くなり夢のようです。もっと早く来れば良かったと後悔をしています。今では、周りに痛みや痺れに悩んでいる人がいたら、ひまわり中央整骨院へ行くように勧めています!

 

実際に椎間板ヘルニアの利用者様が当院で施術を受けられた感想

足立区・腰痛・改善・整骨院・接骨院・病院・整形外科

 

通勤途中に、ひまわり中央整骨院があり、とても興味を持っていました。インターネットで検索をしてホームページとエキテンを見て電話をかけさせて頂きました。

20年以上腰痛で悩んでいたのですが、そのままにしていたらとうとう椎間板ヘルニアになってしまいました。激痛の為に仕事に行くことも困難になり、仕事を休んだりして日常生活に支障が出て来てしまいました。

ひまわり中央整骨院に来る前には、4箇所病院にも通院しました。湿布・痛み止め・マッサージなど色々な処置を受けましたが、少し良くなるのが良いところでした。

そして、毎日本当に治るのかと不安な毎日を過ごしていました。ひまわり中央整骨院に来てからは、週2回くらいの通院で、少しずつ痛みがなくなって来て、痛みで不安だった毎日が少しずつなくなり、今では嘘のように改善されて日常生活も楽に過ごすことが出来るようになり、どこに行っても痛みが良くならない人には、ひまわり中央整骨院を勧めています!

優しい先生方と丁寧な説明で、一緒に頑張りましょう!と言っていただけるのが勇気付けられました。

 

実際に(頚椎)椎間板ヘルニアの利用者様が当院で施術を受けられた感想

東京都足立区の椎間板ヘルニアは病院でも改善できない患者様が多数来院する、ひまわり中央整骨院へ

 

ひまわり中央整骨院の前を良く通るので、以前から気になってインターネットのエキテンで予約をしました。総合病院で、レントゲンなどで診断を受けましたが痛み止めを出してくれるだけで、改善する見込みがありませんでした。

悩みとしては、左腕と左脚に痺れが出ており、夕方くらいには力が入りズラい状態になって物凄く悩んでいました。ひまわり中央整骨院に来てからは、数回の施術で痺れがなくなり日常生活が非常に楽になりました。

趣味も楽しくできる様になりましたし、本当に嬉しい事だらけです!薬を飲み続けるのは、やめてひまわり中央整骨院へ相談することをお勧めいたします!

 

 

ひまわり中央整骨院のトップページはこちら

ひまわり中央整骨院の椎間板ヘルニアのページはこちらより

ひまわり中央整骨院の腰痛のページはこちらより

 

 

 

なぜこれだけ自信があるのか?

 

東京都足立区をはじめ、近隣エリアより多くの利用者様が腰痛や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛や脊柱管狭窄で、ご相談や来院されます。当院の強みは、こう言ったお悩みの方が良くなっているという実績があることです。

どこの整骨院や接骨院なども自分の院を良く言う事は当然かと思います。当院も同様です。しかし、そこに本当に通っても治るのかが利用者様の不安かと思います。そんな利用者様の為に、当院では椎間板ヘルニアをはじめ、腰痛でお悩みになっている方や交通事故に遭われてしまった利用者様などから、当院に来て施術を受けらた感想を頂く事にご協力をお願いをしております。このブログをご覧になって頂いた利用者様も是非、痛みや痺れを改善してご協力いただけませんか?ひまわり中央整骨院は、ご利用いただける方のお悩みを解消いたします!

→その他の利用者様のお喜びの声はこちらより

 

 

まとめ

東京都足立区から多くの利用者様が来院される、ひまわり中央整骨院も椎間板ヘルニアを手術しなくても、お悩みを改善することが出来る動画を作成させて頂きました。

 

 

悩んでいるのは、あなただけではありませんよ。

病院へ行っても中々良くならない、整形外科に行ってもレントゲンや画像診断だけ、処方される薬と湿布では良くなる様子がない。そこで、整骨院に行ってみたものの、痛い刺激を入れられて耐えることができない。本当に良くなるのか分からない。そんな利用者様が当院へご相談されることが非常に増えております。

中には、病院や整形外科の痛み止めや湿布などで症状が良くなる方はいるかもしれません。しかし、その方とあなたのお身体や椎間板ヘルニアは同じ病名かもしれませんが、お悩みや病状は違います。ですので、これさえやれば必ず良くなるということはありません。

しかし、利用者様のお悩みやお身体の状態をお一人お一人診させて頂くことが出来るのであれば、その問題は解決することができます。利用者様のお身体は機械ではありません。この部品を交換すれば、これだけやっていれば修復するなんて事はないのです。ですので、利用者様お一人お一人のお身体をお聞きしカウンセリングを行い、施術内容をオーダーメイドで行う必要があるのです。

 

椎間板ヘルニアの症状なら、東京都足立のひまわり中央整骨院へご相談ください。

 

ひまわり中央整骨院は、東京都足立区をはじめ他県の茨城県や東京都でも大田区より来院される患者様もいらっしゃいます。

 

ひまわり中央整骨院が東京都足立区やその近隣地域の方から、選ばれるのにはいくつかの理由が存在します。
  • 同業者や医師、歯科医師、理学療法士、柔道整復師の先生から圧倒的な信頼を得て、多数の推薦文を頂いております。

→ひまわり中央整骨院への推薦文はこちらより

 

  • 多くの実績を評価されて、皆が知る雑誌・メディアへの出演が絶えません。

→ひまわり中央整骨院のメディア出演の実績はトップページより

 

  • 利用者様のお悩みが改善した実績、開院わずか3年間でのべ1万人の利用者様来院し、地域では圧倒的な結果を残しております。

→利用者様のお喜びの声はこちらより

 

  • お悩みを改善することはもちろんですが、早期にお身体のトラブルを改善する為に自宅での指導、生活習慣の指導、アフターケアが圧倒的に充実しております。

 

  • 完全予約制による待ち時間0分の実現、トラックやバスが停められる程の大きさを誇る無料大型駐車場50台完備、つくばエクスプレス線八潮駅より徒歩3分の好立地。利用者様が通院をしやすい環境を最大限整えております。

東京都足立区から多くの患者様が来院される、ひまわり中央整骨院です。

→当院へのアクセスはこちらより

 

 

ひまわり中央整骨院は東京都足立区より椎間板ヘルニアの症状で手術をしたくないという患者様のご相談を多数受けております。

 

ひまわり中央整骨院のトップページはこちら

ひまわり中央整骨院の椎間板ヘルニアのページはこちらより

ひまわり中央整骨院の腰痛のページはこちらより

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

椎間板ヘルニアにお悩みになっている方のお役に立てる情報はありましたでしょうか?

 

 

これからも、東京都足立区や近隣エリアから多くの利用者様が、椎間板ヘルニア・腰痛・脊柱管狭窄・坐骨神経痛・交通事故のお悩みなどで来院される、ひまわり中央整骨院は、お悩みになられている利用者様の為に施術やセルフケアの方法、ブログやホームページを通じて情報を配信してまいります!

 

本日もひまわり中央整骨院のブログをご覧になって頂きまして、

本当にありがとうございます!

投稿日:2018/06/16

整体院や整骨院で痴漢やセクハラ・わいせつ被害に合わない為には?

相次ぐ整体院や整骨院のわいせつ行為・痴漢行為・セクハラ行為について調べてみた結果をご報告いたします。

 

整体院で相次ぐわいせつ行為ですが、実は調べてみると色々なデータが出て来ましたのでご紹介をさせていただきます。

 

ニュースや報道でご存知の方もいるかと思いますが、繰り返される、整体院や整骨院などで行われる卑猥な行為。同じ施術家として、本当に恥ずかしい行為であり、本来であれば我々が利用者様の痛みや痺れなどの悩みをなくす事がメインであり、心のケアを行う事が第一なはずですが、ほんの一部である、こういった人により業界全体が、そんな人ばかりだと思われてしまい、非常に悲しく思います。

 

今回は、過去にあった様々な事件をピックアップし、被害に遭われてしまった方がどのような方が多いのか、被害に遭わないようにするためには、どんな事を気をつけたほうが良いのかをご紹介させていただき、何か参考になって頂ければ嬉しく思います。

 

 

事件1

https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/771562/

東スポより

準強制わいせつ容疑で足立区の鍼灸院経営者を逮捕した。

施術を装って30代女性患者の裸の下半身を触った疑い。

 

事件2

https://www.sankei.com/west/news/141121/wst1411210025-n1.html

産経フジより

整骨院で施術と称して女性客の下半身にマッサージ器を押し当てるなどわいせつな行為をしたとして、奈良県警西和署は、奈良市疋田町、柔道整復師で経営を逮捕した。

逮捕容疑は、町内の無職女性(29)に対し、施術と称して電動マッサージ器を下半身に押しつけたり、女性のズボンを下げて下半身を触ったりしたとしている。

 

事件3

http://www.sankei.com/affairs/news/160406/afr1604060015-n1.html

産経フジより

警視庁練馬署は、施術を受けに来た女性にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつの疑いで、東京都練馬区豊玉北、接骨院経営を逮捕した。

逮捕容疑は経営する練馬区内の接骨院で、同区内の20代と30代の女性に対し、下着の中に手を入れるなどのわいせつな行為をしたとしている。

 

事例4

https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/310311/

東スポより。

女性客にわいせつな行為をしたとして、和歌山県警御坊署は、有田川町の柔道整復師を準強制わいせつ容疑で逮捕した。

自身経営の御坊市内の整骨院で、腰痛の施術のために訪れた10代後半の女性に対して施術だと偽り、ベッドに寝かせて、わいせつな行為をした疑い。

 

 

 

まだまだ記事を上げるとあるのですが、これらの過去のデータと情報を元に気をつけた方が良い点について、 これから記載させて頂きます。

 

被害に遭わないために

被害者の方の傾向

やはり過去のデータを取ってみても分かった事が、被害に遭われている方が女性である点です。特に10-30才代の女性の方が被害に遭われている傾向があります。

そして、事件を見ていくと何かを疾患や病気に漬け込んで、卑猥な行為に及んでいる事がわかります。例えば、腰回りの痛みを取るのを理由に下半身に女性の触れたりしている事が過去のデータより分かりました。

過去の統計では出ていないのですが、もしかすると肩こりや頭痛を理由に上半身に触れるケースの事件もあるのかもしれません。これは、痛みが出ている近接部を事件を見ていると触れたりしている傾向があるからです。

 

 

容疑者の傾向

整骨院や接骨院、鍼灸院問わずに事件は起きているようです。しかし、今回の事件に全てに共通している事が、経営者であり施術者である事です。すなわち1人で施術所を開設している事です。

1人で施術所を開設している全て危険というわけではありませんが、若い女性の方1人と施術者1人という事は、お互いに危険をともなう可能性があります。女性が1人で施術を受ければ、わいせつな行為を行われる可能性もありますし、施術者もやってもいない事を疑わられる可能性があります。施術者は、言い逃れができない状況にもなってしまいます。

 

 

被害に遭わないためには

施術者が多数いる整骨院や整体院を選ばれると良いでしょう。施術者が複数居ても個室のような場所になってしまいますと、完全に1対1になってしまいますので、これまた危険です。

 

女性のスタッフさんがいるところを選びましょう。女性の先生に施術はしてもらわなくても受付さんや助手さんがいるところが良いでしょう。本当に心配であれば、女性の先生が施術をしてくれる施術所を選ばれる事をお勧めいたします。

 

施術所の場所にも気をつけてください。大通りに面して居ない施術所や住宅街などの人目につかないところは、事件が多く見られます。特に今回の4つの事件は1人で施術をしていることもあるのかもしれませんが、大通りに面した施術所ではありません。これは立地的な部分やテナント代の部分もあるのかもしれませんが、多く見られます。

 

従来施術する部位を知っておくことも大切です。上半身で言うと、施術中に胸に触れる事や視診はありません。これは、女性の胸は脂肪で出来ていますので、脂肪が凝る固まると言う事はないからです。ただし、際どい判断になるかもしれませんが脇付近や鎖骨付近は触れるケースがあります。これは、上半身の筋肉を緩めるために施術の中で行う事があるからです。

下半身で言いますと、臀部に触れたり筋肉を緩める事はあります。これは、臀部の筋肉は腰の筋肉や足の筋肉との関係性が非常に高い方です。ただ、指圧はしますが撫でる事はありません。また、鼠蹊部に触れることもあります。これは、神経や筋肉・靭帯が多くありこの部分を弛緩する事で腰痛や太ももの筋肉が緩むからです。ただし、それより先の陰部などに触れる事は施術の中ではありえません。腹部にも触れる事はあります。これは内臓の治療や腰痛などの痛みを改善するときに、特に腹部の緊張を取る事で反射の作用を使用して、腰痛を緩和させるテクニックなどが存在するからです。

 

施術者がこういった行為を行わない事は勿論ですが、施術を受ける側のリスク管理も必要な時代なのかもしれません。

被害に遭わないためにも体を良くするためにも施術所選びには、慎重に行わないといけませんね。

 

こういった事件がなくなる事を整骨院経営者として、施術者として願います。

投稿日:2018/06/11

ガングリオンは病院の何科に行けば良い?

ガングリオンを治したい!何科に行けば良い?

本日もガングリオンに関するブログをご覧になって頂きまして、

本当にありがとうございます!

 

利用者様よりガングリオンに関することや遠方からお電話でご質問を頂くことが多くなってきましたので、ここでまたブログに詳細に掲載をさせて頂きます!

 

当院の紹介→ひまわり中央整骨院

 

施術の技術力のある整骨院では可能です。(自由診療)

ガングリオンの施術は整骨院でも受けることが可能です!ただし、施術技術が高い整骨院や接骨院でないと治すことは困難でしょう。専門学校や大学では教えない内容なので、臨床経験が多い先生でもガングリオンを整復する事は非常に稀です。

 

こちらは当院で施術をした様子の動画になります。ご覧になる際にガングリオンを潰れる時に音がなります。音が気になる方は、消音でご覧ください。

実際にガングリオンを施術したことがありますが、利用者様にご負担をかける事はほとんどありません。痛みもほとんどなく整復することが可能です。

 

ただし、素人や施術力のない先生が力任せに施術を行ってしまいますと、周りの組織の神経や筋肉を傷つけたりしてしまいますので、ちゃんと施術技術があるのか確認を行って施術をしてもらってください。

 

当院の紹介→ひまわり中央整骨院

 

 

ビフォーアフターの写真も掲載させて頂きます。

施術前

ガングリオンとはなかなか聞かない言葉です。今回は、画像と動画で治療方法をお伝えいたします。

施術後

ガングリオンは潰すと聞くと怖いとイメージがありますが、しっかりとした施術を行うと改善できます。

 

 

ガングリオンとは?

ガングリオンとは、ゼリー状の物質が溜まった腫瘤になります。

典型的なものは、手首の甲の方にできることが多いのですが、手首側の親指の近く、指の関節付近にも起こりやすいものです。

稀に足首周辺などの関節周囲にもできたりもしますが、ほとんどは手首周辺にできるのが多いです。

 

病院では何科に行けば良いの?

ガングリオンは整形外科に行けば治療をしてもらえますよ!

病院へ行く場合には、整形外科を受診するようにしてください。

皮膚科かな?と思われがちですが、万が一ガングリオンでなかった場合にはレントゲンやその他の画像診断をする必要がありますので、手首周辺や足首周辺などの関節付近に出来た腫瘍がある場合には、病院の場合には整形外科にご連絡をしてください!

 

どんな治療方法?

ガングリオンは注射で抜きます。

病院や整形外科では、基本的に注射をしてガングリオンを抜き取ります。当院に受診されてた利用者様の中に病院での治療と、当院での施術の両方を受けられた方がいたのですが、どちらが痛かったと聞いたのですが、注射の方が痛かった。と言っていました。

ですので、施術方法も利用者様ご自身で選ぶことが可能ですので、痛い思いをしたくない利用者様は、整骨院や接骨院などの施術技術が高い先生に見てもらうことをお勧めいたします!

再発率は、病院で注射を行っても、整骨院で施術を行っても変わりません。

※一定の確率で再発してしまいます。

 

まとめ

ガングリオンは病院であれば整形外科を受診するようにしてください!

整骨院や接骨院でも技術力の高い院であれば施術を受ける事は可能です。外傷(骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲)でない為、健康保険は使用できません。自由診療になります。

こちらの動画を参考にしてください!

 

当院の紹介→ひまわり中央整骨院

 

本日はガングリオンについてブログを書かせて頂きました。

 

 

 

他にも当院で人気のブログやページがありますので、良かったらご覧になってください!

 

施術技術を絶賛!医師や歯科医師からの推薦多数掲載→推薦者の声

各症状別ページはこちらよりご覧いただけます。

→ 交通事故でお悩みの方のページはこちらより

→ むちうちでお困りの方のページはこちらより

→ 椎間板ヘルニアのページはこちらより

→ 脊柱管狭窄のページはこちらより

→ 腰痛のページはこちらより

→ 坐骨神経痛のページはこちらより

 

冷え性・ダイエット・代謝UPに効果があり→岩盤エクササイズ

投稿日:2018/06/08

記事一覧

八潮市|ひまわり中央整骨院 ご予約・お問合せ

Call:048-954-6789

トップに戻る