スタッフブログ

ランドセルが問題か!?子供や小学生の腰痛がなくならない原因と対策方法

ランドセルだけではなかった!子供の腰痛の原因はこれだ!!!

 

小学生-腰痛-ランドセル-原因

 

最近、小学生や中学生などの子供にも腰痛が増えていることはご存知でしょうか?

その中でも小学生の腰痛が増えております。

 

ランドセルが原因?とまで言われておりますが、今回は、小学生の腰痛がなぜ増えてしまったいるのか?をご紹介させて頂き、その解消法についてお話をさせて頂きます。

 

 

ひまわり中央整骨院のトップページはこちら

ひまわり中央整骨院の腰痛ページはこちらより

八潮市-八潮-ランドセル-腰痛-原因-改善-整骨院

 

 

ランドセルの正しい背負い方

子供-小学生-腰痛-ランドセル-原因

 

やはりランドセルの背負い方も腰痛に非常に関係があります。

肩から背中の部分にかけて隙間ができてしまうと、ランドセルの重さによってお子様の体がのけぞってしまいます。

 

その為、体の重心が後に倒れてしまうことにより、反り腰を作ってしまうのです。

 

ランドセル-腰痛-反り腰-原因

 

反り腰になってしまうと、なかなか小学生のお子様と言えど痛みに耐えることはできません。

まずは、ランドセルの背負い方だけでも反り腰による腰痛を改善することはできますので、ランドセルの紐の部分に着目して注意してみてあげるようにして下さい。

 

また、腰痛がなかなか改善しない。反り腰が改善しない場合には、反り腰の解消できるエクササイズ・ストレットもありますので、こちらのYouTubeの動画をご覧ください!

 

 

 

教科書の大きさの変化

ランドセル-教科書-腰痛-姿勢

保護者の方が使用していた時とお子様が使用している教科書の大きさが変化をしている事はご存知でしょうか?

 

教科書の大きさが大きくなったのにはいくつかの理由があるのは知っていましたか?

 

ゆとり教育が廃止になり、教育内容が増えたことや写真や図形を多く入れることによりページ数が増えたり、文字を大きくしたりなど、教科書自体の内容が増えてしまったが故に起こっていることです。

 

それに合わせて、ランドセルがA4の教科書がゆうゆうに程のランドセルに変化をしたり、容量がいっぱい入るようになったりなどランドセルそのものも変化しております。

 

ランドセル-大きさ-変化-腰痛

 

ランドセルの問題よりも教科書の問題の方があるのかもしれませんね。

 

そして、とある小学校では教科書を置いていって良いという指導も出ているようです。我々の時代で言うと、置き勉ですね。笑

 

昔は、教科書を置いていったら怒られていたのですが、今の時代は教科書を置いていくのが当たり前なのですね。時代の変化を感じました。

 

 

トイレの変化

骨盤底筋群-和式トイレ-洋式トイレ-腰痛-冷え性-便秘今のトイレは非常に便利になりました。

昔は洋式トイレが少なく苦労された人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、このトイレの変化も子供達の筋力を低下を招き腰痛を起こしてしまう原因なのです。和式トイレの頃は、骨盤底筋群という骨盤の中にある筋肉を力んで使用しなくては、トイレをすることができませんでした。しかし、現代のトイレは洋式トイレに代わり骨盤底筋群を使用する機会が減少をしております。

 

骨盤底筋群-冷え性-腰痛-尿もれ-便秘

 

その為、この骨盤底筋群を使用しない子供達は腰痛を引き起こす可能性が高い事はもちろん、大人も冷え性や便秘で悩まれている方が増えているのもトイレが和式から洋式に変わったのが原因と言われております。

 

腰痛-冷え性-便秘-骨盤底筋群-ランドセル-トイレ

 

 

遊ぶ場所や遊具・機会の減少

子供が腰痛になる原因の1つに身体を動かす機会が減ったことが大きく関係しております。元々、人間は身体を動かすように構造上できています。

 

その為に遊ぶ場所の減少、遊具の減少、ゲームの普及、スマホの普及は大きく子供達の腰痛を引き起こす要因になっているのです。

 

仮に公園があっても現代の子供たちは、ゲームをやっていたりしています。

 

怪我があるからと言うって、昔あった遊具も減少して子供達が身体を動かす機会を大人達が奪っているのです。

 

この話には賛否両論あるかと思いますが、昔も同じように同じ遊具があったのにも関わらず、なぜこうして今の子供達だけが体が弱く、怪我が多いのでしょうか?

 

それは、大人達が子供が身体を動かして遊ぶ場所や身体を動かして遊ぶ機会を減らしているからなのです。

子供-腰痛-公園-ランドセル

 

大人も子供も休みの日は一緒に公園で身体を動かすと腰痛を改善することができますよ!

 

 

姿勢の問題

ランドセルが原因の場合には、反り腰の場合による腰痛が原因の場合が多いのですが、実は普段の姿勢による腰痛は、猫背による腰痛の場合が非常に多いのです。

 

猫背になる具体的には、上記であげた『骨盤底筋群の筋力低下』・『スマホによる姿勢不良』・『運動不足による筋力低下』などがあげられます。

 

骨盤底筋群の筋力低下は、上記にありますトイレの姿勢のお話をさせて頂いた通りです。

 

また、運動不足につきましても遊ぶ場所の減少や遊具の現象が関係性があると言えます。

 

 

ここでの【姿勢の問題】とは、『スマホによる姿勢不良』です。

スマホ-猫背-ランドセル-腰痛

スマホを使用する姿勢が、背中を丸め体の重心が前に倒れて腰の筋肉の緊張を作ってしまっています。この背中が丸い状態こそが猫背であり、腰痛を引き起こす原因なのです。

 

お子様がスマホを使用する時は、特に姿勢を気をつけてくださいね!

 

長時間このように姿勢を保つことはできませんので、

使用する時間も気をつけられると良いですね!

スマホ-姿勢-腰痛-ランドセル-猫背

 

 

猫背を解消するストレッチの動画もありますので、ご覧ください!

 

 

小学生が腰痛に悩まれるのには、様々な要因があります。

 

今回はランドセル関係のお話や姿勢による猫背のお話などでご紹介をさせて頂きました。

 

普段から気をつける事で、腰痛は改善することができます。

 

お子様の腰痛を解消するために少しずつで構いませんので、

気をつけて見てあげてください。

 

 

 

ひまわり中央整骨院のトップページはこちら

ひまわり中央整骨院の腰痛ページはこちらより

八潮市-八潮-ランドセル-腰痛-原因-改善-整骨院

 

本日も、ひまわり中央整骨院のブログをご覧になって頂きまして、

本当にありがとうございます!

--------------------------------------------------------------------------

交通事故治療・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・腰痛治療の専門院
全国交通事故治療認定院 第1540号
ひまわり中央整骨院
〒340-0822 埼玉県八潮市大瀬4丁目1-1
ドラックぱぱす・オリジン弁当共有地【無料大型駐車場50台完備】
つくばエクスプレス線 八潮駅南口より徒歩3分
℡:048-954-6789【予約制】

--------------------------------------------------------------------------

ひまわり中央整骨院の公式ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院の交通事故専用ホームページはこちらより

ひまわり中央整骨院のフェイスブックページはこちらより

ひまわり中央整骨院のアメブロはこちらより

ひまわり中央整骨院のエキテンサイトはこちらより

エキテンサイトへの口コミはこちらより
こちらへ空メールを送りエキテンに口コミが書けます♪
当院へご来院頂き、エキテンの口コミを書いて頂くと、
Amazonのギフト券1000円分とひまわり中央整骨院から500円のクオカードプレゼント♪

書き方やクオカードのもらい方など詳しくは、こちらより

--------------------------------------------------------------------------

投稿日:2018/07/02

記事一覧

八潮市・草加市|ひまわり中央整骨院 ご予約・お問合せ

Call:048-954-6789

トップに戻る