スタッフブログ

夜中に足が攣る原因は?

『イテテ!が攣った!』夜中にそんな経験をしたことはありませんか?

足がつってしまうのは何の前触れもなくつってしまい、痛みを伴います。
また、対処法を間違えてしまうと、痛みが長引いたり、違和感が残ったりとします。

正しい処置の方法や何故、足が攣ってしまうのかを今回はこのブログでご紹介をさせて頂きます。

夜中や明け方に足が攣るということは良くある話です。しかし、多くの人はその原因を知らずにいます。今回のブログはその原因を解明します。

 

足が攣ってしまうと、とても痛くて辛いですよね。

しかも、何をして良いのか?どうして良いのか戸惑ってしまいますよね?

出来れば足は攣りたくないかとは思いますので、予防方法なども含めまして、ご紹介をいたします。

足が攣るってどんな現象?

身体にある筋肉の一定時間の継続的な異常収縮をする事を足が攣ると言います。

簡単に言いますと、自分が動かそうとしていないのにも関わらず勝手に筋肉が動いてしまい、そのままの状態で固まってしまう事を言います。

特に筋肉でも筋紡錘と言われる部分の異常収縮による事を言います。

足が攣る原因の中に筋紡錘があります。様々な要因が重なり症状を引き起こしてしまうのです。

足が攣る(つる)原因とは?

足が攣る(つる)原因は、様々な要因があります。

また『原因は、これだ!』というハッキリとした原因もありません。

複数の要因や原因が入り混じり足が攣ってしまうという結果が生まれます。ではどういった要因により足が攣ってしまうのか?

1.水分不足

体の中には血流が流れています。その血流の流れに作用するのが、水分です。

よくよく聞くお話ではあるのですが、水分は摂取しているとお聞きします。

しかし、ここでの水分とは、です!

実は、摂取する水と水分では大きく作用が異なります。

ここでの水分とは、お茶やコーヒーだと思ってください。お茶やコーヒーに入っているカフェインという物質が実は利尿作用(トイレが近くなる)現象を起こします。

これらが原因でせっかく摂取した水も体の外に出て行ってしまいます。

ですので、しっかりと水を取ることが非常に大切になります。

足が攣ってしまうのは水をしっかりと取らないからです。

2.ミネラル不足

ミネラルとはNa(ナトリウム)、Ca(カルシウム)、Zn(亜鉛)、Mg(マグネシム)P(りん)、Fe(鉄)などを言います。

よくミネラルウォーターと言われる水の中に入っているものです。

これらはお互いに影響を与えているために、1つでも不足しバランスが崩れてしまうことで、電解質の異常を引き起こしてしまいます。

ミネラルが不足する要因としては激しい運動で汗をかいたり、嘔吐や下痢をしたりして、体内の水分少なくなり、バランスが崩れた時にミネラル不足が起こりがちです。

そもそもの水分不足の原因は、血行不良になります。

運動の時や体調を壊した時などは、水分とともにミネラル補給も行うよう心がけたいですね。水だけでなく、ミネラルが配合されたスポーツドリンクやミネラルウォーターを積極に取り入れて、足のつりを防止しましょう。

皆様がよく足を攣ってしまうのは、ミネラルの不足が原因と言われております。

3.糖尿病

糖尿病の場合には、血流の中の血液のミネラルのバランスが崩れてしまいます。

これは、血糖値が高くなる事で起こる事で、足が攣る原因に非常に密接な関係にあります。

また、糖尿病の3大合併である末梢神経を傷つける現象も足が攣ってしまう原因の1つだと考えられているのです。

ただ、ここで注意が必要なのことがあります。

単純に足が攣りやすいだけでは糖尿病だとは断定できないことです。糖尿病には、多飲・多尿・全身の倦怠感・異常な口渇などの現象が現れます。

自己判断をせずにこのような状態が出ている場合には、病院などの医療機関に行かれる事をお勧めいたします。

糖尿病には、喉の渇き、多尿・倦怠感などの症状が出てきます。

4.その他

足が攣ってしまう原因は、様々あるのですが今までご紹介させて頂きました原因の他にも存在します。

冷え・疲労・寝不足なども足が攣ってしまう原因の1つです。

しかし、これらの原因は単体では足が攣ると行った現象は起こりません。

ただ疲れているだけでは当然攣ることはないですし、冷えだけでも攣るということもありません。身体に起こる異常な状態は、様々な要因による起こるのです。

冷えや疲労、水分不足も足が攣る原因の1つです。

5.まとめ

足が攣る原因は、様々な原因がありますが、以上のことに気をつけることで、予防をすることが可能なのです。

糖尿病による予防は、なってしまっては予防することは出来ません。普段から運動や食事を気をつけなければやがて糖尿病になってしまいます。

また、足が攣ることに関しては、コーヒーやお茶を飲む頻度を減らし、水を飲むことを意識してください。

意識してミネラルも合わせて摂取することで、より足が攣る事を予防することが出来るでしょう。

足が攣ると痛みを伴います。

しかし、なかなか予防方法も改善策も知らない方も多いので、今回ご紹介をさせて頂きました!

少しでもご参考になればと思います。

投稿日:2018/04/28

記事一覧

     

八潮市・草加市|ひまわり中央整骨院 ご予約・お問合せ

Call:048-954-6789

トップに戻る